糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】

衝撃に耐える骨

レントゲン

カルシウムは重要

人間は日々の食生活の中でいろいろな栄養素を吸収しています。その中のひとつに挙げられるカルシウムは、人間の体を支える骨の元となる重要な栄養素です。カルシウムが不足すると骨粗鬆症となって骨が衝撃に耐えられなくなります。胸椎や脊椎、腰椎などに垂直的な圧力が加わると、それに耐えられずに折れることがあります。これは圧迫骨折と呼ばれるもので、カルシウムの不足しがちな高齢者によく見られます。高齢者は尻餅などのちょっとした衝撃でも圧迫骨折になるリスクがあるので十分に注意する必要があるのです。また、若年層でもスポーツの途中や事故などで強い圧力が加わった時に圧迫骨折を発症するケースがあります。圧迫骨折が抱える厄介な問題のひとつに骨折の連鎖があります。何らかの原因によって一度圧迫骨折を発症してしまうと、その周囲の骨が次々と骨折しやすい傾向にあるのです。骨を形成する過程では栄養素を吸収する以外に運動することも重要です。しかし、圧迫骨折をした状態では起き上がることさえ苦痛を伴うことも多く、とても運動できる状況ではないのです。高齢者で腰や背中などに痛みがある場合は圧迫骨折をしているケースも考えられるので、早めに病院で診療を受けることが大切です。症状が軽度の場合はカルシトニンを投与したり、コルセットを装着するなどして安静にしていることで徐々に落ち着きます。症状が重い場合には外科的手術によって痛みを取り除きます。

Copyright© 2018 糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】 All Rights Reserved.