糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】

症状に応じて処方される

医薬品

症状で対応が異なる

三大栄養素の中に炭水化物があります。ご飯や小麦粉などに含まれている栄養素で、主にエネルギー源として使われます。食べると消化吸収されて栄養分として使われますが、この時にはインスリンが分泌されないといけません。しかし糖尿病の状態になっているとインスリンの分泌が難しかったり分泌量が少なくなるときがあります。となると血液中に糖分が多く流れる状態になり健康には良くありません。その治療として薬が用いられるときがあります。一口に糖尿病の治療薬と言っても一種類しかないわけではなく、いろいろな種類があります。患者によって症状が異なるので、それぞれの症状に合わせて処方されます。まずインスリン自体は出ているものの糖が血液中に残りやすい糖尿病の治療のための薬として、血糖値を下げるものが処方されます。比較的初期の状態なので、食事療法などと併用されることが多いかもしれません。糖が血液に多く流れると合併症を引き起こしやすくなりますが、それを抑えます。糖尿病の治療薬としてインスリンの働きに着目したものがあります。インスリンの出が悪くなっている人にはインスリンを出やすくするタイプが出されます。又インスリンが出ているものの糖の処理がうまくできないときは、インスリンの効果が出やすいタイプが処方されます。症状に合わせたものを使うことで、日常生活への支障を減らし、合併症の症状が悪くならないようにします。問題が無ければそのまま処方され、服用を続けて治療を行います。

Copyright© 2018 糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】 All Rights Reserved.