糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】

病気や制度を知る事が大事

車椅子

ここがポイントです

脳出血の後遺症に対して行われるリハビリは大変重要とされています。特に体の半身が麻痺したり、言葉が上手く話せない、歩くことがままならない等、様々な後遺症が残りやすいのが、脳卒中の怖い所です。そんな中、リハビリにおいても早期の介入が可能となり、病状が安定しない状態でも、医師や看護師と協同し、訓練を行う事が可能になっています。脳出血を発症後は安静が大事とされていましたが、適切なリスク管理のもとで早期に運動する事が重要という認識に変わりました。病気を患った本人もですが、それを支える介護者も精神的・肉体的な負担は計り知れません。介護者自身も早い段階で、脳出血の再発予防に向けた食事管理や介護の仕方、自治体で受けられるサービスについて学ぶ必要があります。分からないことはリハビリの専門職やソーシャルワーカに相談する事をお勧めします。リハビリが早期に始まっても、病状が安定すると、回復期リハビリ病院に転院し、集中的な訓練を行うのが最近の主流です。回復期リハビリ病院では一日の大半がリハビリですので、大幅に体の動きや出来る動作が増えるのが利点です。この期間に、在宅復帰か施設等への入所かを選ぶことが多いです。一度、施設に入所し、リハビリを自宅の環境が整い次第、在宅復帰を果たされる事もありますが、最近では余り長期に入所出来ない所が多いのが難点です。在宅復帰後に入院中より体の動きが良くなり、出来る事が増える方もありますが、脳出血の再発が懸念される場合は、介護保険を利用し、訪問看護や通所リハビリを利用できます。病気になった方も介護者も普段の生活に不便が無いようにする為にも病気と制度の理解を深める事が重要です。

Copyright© 2018 糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】 All Rights Reserved.