糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】

体の機能を回復する

脳

個々に合ったケアを受ける

脳出血は脳にある血管が破れてしまい、脳の中に出血をおこしてしまう症状です。脳の中が出血すると脳の細胞を圧迫してしまいます。脳細胞が圧迫されると頭痛や言語障害、体の麻痺など様々な症状を引き起こします。脳出血の程度によっては後遺症が残ることもあります。脳出血は、現在の日本人の死亡率で高い割合となっています。誰の身に起こってもおかしくない病気なのです。万一、脳出血になった場合、病後の生活を快適に過ごすためにリハビリはとても重要な役割を果たします。脳出血後のリハビリは、なるべく早い段階で始めた方が良いと考えられています。しかし、病状や後遺症は個人によって様々です。症状をきちんと把握した上で、適切な方法で受けないと良い効果は得られません。そのため、専門のリハビリ施設で専門家の指導や訓練を受けることが大切です。脳出血の治療が終わってすぐの時期は急性期と呼ばれ、治療を受けた病院などで体の機能回復に向けたリハビリを行います。急性期の訓練は、関節の拘縮や筋力の低下を防ぐことを目的としています。病院でのリハビリの後は、回復期リハビリ施設に移り、訓練を受けます。理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などが専門知識を用い、日常生活での動作を回復するためのリハビリを行います。回復期に利用した施設を退院したのちは、自宅やデイケアなどで健康に過ごすための訓練を続けることとなります。自宅で自らリハビリをおこなうことが困難な場合は、訪問リハビリを活用すると専門家の指導を受けながら訓練を行うことができます。脳出血の治療後、発症前の機能を回復し日常生活を過ごしていくために、専門家による症状や時期に合わせたリハビリを受けることが大切なのです。

Copyright© 2018 糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】 All Rights Reserved.