糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】

脳

体の機能を回復する

脳出血は脳の血管が破裂し、頭痛や体の麻痺、言語症状などを引き起こします。症状が重い場合は、治療後に後遺症が残るケースもあります。体の機能を回復し日常生活を安心して過ごしていくためには、専門家による適切なリハビリを早い段階で受けることが大切です。

詳しく見る

レントゲン

衝撃に耐える骨

年齢を重ねるにつれてカルシウムは不足しがちになります。カルシウム不足の高齢者によく見られるのが胸椎や脊椎などの圧迫骨折です。圧迫骨折は周辺部位へ連鎖する傾向があるので、痛みがある場合は早めに受診することが重要です。

詳しく見る

医薬品

症状に応じて処方される

糖尿病になると糖の処理がうまくできなくなります。治療薬にはいくつかの種類があり、まずは血糖値を下げるタイプが出されます。インスリンに問題があるときは、インスリンが出やすくなるものや、インスリンの働きが良くなるものが処方されます。

詳しく見る

車椅子

病気や制度を知る事が大事

脳出血の後遺症に対してリハビリは効果があります。最近では急性期からリハビリが始まり、積極的に機能の回復を図るのが重要とされています。病気や制度について理解を深める事で利用できるサービスも多数あることから、早い段階で知識を深める必要があります。

詳しく見る

骨

背骨が潰れる可能性

人は年を経るにつれて新陳代謝機能が衰えていきますが、皮膚だけでなく骨も形成がしづらくなっていくことをご存知でしょうか。この新陳代謝の衰えが健康な骨を形成できなくなっていき起こるのが、骨粗鬆症であり圧迫骨折の原因となるのです。

詳しく見る

主治医をしっかり選ぶ

医薬品

食事療法と併せて進める

糖尿病は血液検査で発見しやすい病気のひとつです。糖尿病にはすい臓の病気である1型と、運動不足や不適切な食習慣(食べ過ぎなど)が原因となって起こる2型とがあります。日本人の成人に特に多く見られるのは2型の糖尿病ですが、こまめに健康診断を受けていれば早期に発見できる病気でもあります。まだ病気が進行していないいわゆる予備軍の人の中には、検査結果をあまり深刻に受け止めていないような人も見られます。しかし糖尿病は早期に発見して適切な投薬治療や食事療法を行うことが症状の悪化を食い止めるために何よりも重要です。糖尿病の薬物治療は、患者が自分の体内で十分に分泌できなくなっているインスリンを補ったり、インスリンの作用を助けたりする薬を用いて行われます。そこでインスリン製剤や、血糖降下薬が投与されます。糖尿病の治療は食事療法ともセットで進めていくことが重要なため、医師のみならず栄養士や薬剤師などとの連携が欠かせません。そのため、病院を選ぶ際にはこうしたチームワークがよく取れている病院であるかどうかを判断材料にする必要があります。問診の際には、医師に何でも自分が疑問に思うことを質問しておたがいの相性や相手のポリシーなどをよく理解しておくことが大事です。こちらが不安に思うことに丁寧に答えてくれる医師であれば、信頼して治療を進めていくことができます。また、全国に日本糖尿病学会によって認定された医師もいるので、インターネットで調べてみるのもよいでしょう。

Copyright© 2018 糖尿病治療は早期発見が鍵【適切な投薬治療や食事療法を行う】 All Rights Reserved.